読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

負けるのは美しく

図書館の本 妻の本

その人のイメージから少し違った側面を感じられるのがエッセイの醍醐味だと思うのだけど。その意味ではとても良いエッセイだと思うのですが。

児玉清って「知的で分別のある大人」というイメージがあったので、少し違った一面(つまり知的でなかったり分別が足りなかったりする面)が見え隠れするたびに、怖くて怖くて。

そこがまた何とも面白いのですが。

負けるのは美しく (集英社文庫)

負けるのは美しく (集英社文庫)