読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐるぐる猿と歌う鳥

図書館の本
久しぶりに小説を読んだ。小説を読む気力がある、というのは幸せだ。ミステリーの部分にかなり無理があるけど、こういう「物語」は好きだ。そう思って振り返ると、加納朋子の「物語」は大抵好きだな。