読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時をかける少女

昔一度読んだ気がするのだけど、気のせいのような気がしてきたので、読んだ。

文章が予想以上に平易で「なんで挿し絵がないのか?」と変な違和感を持ってしまった。

物語の展開はとても面白かった。この、物語の展開だけでグイグイ持ってっちゃう感じは、演劇のそれだと思う。

実はもともと娘の本(古本)なのだけど、アニメの「時かけ」から入った娘は「名前が和子と一夫だなんてあり得ない」と、いきなり挫折。その気持ちは、分かる。

時をかける少女 〈新装版〉 (角川文庫)

時をかける少女 〈新装版〉 (角川文庫)