読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

図書館内乱

名脇役の柴崎、小牧が大活躍。そういう意味では通好みの一冊と思うが、柴崎小牧ならもっとシビアな駆け引きが欲しい気もする。

前作図書館戦争ほどの密なトピックの組み立てがないのも残念。まるで連作短編集のようなゆるいつながりの章立て。あ、そうか、連作短編集だと思えば良いのか。ほら連作短編集大好きだし。引き続き次回作に期待。