読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガラスの麒麟

好きな作家 自分の本

ガラスの麒麟 (講談社文庫)

ガラスの麒麟 (講談社文庫)

神野先生のスマートな活躍で終盤まで気持ち良く読んでたら最後に崩れちゃって驚いた。でもそこが物語の本質なのだと思い頑張って読み切る。

エンディングは正直消化不良なので続編に期待。