読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳男

脳男 (講談社文庫)

脳男 (講談社文庫)

異色作だなあ。江戸川乱歩賞で全選考委員が絶賛、という売り文句を素直に買ってみたら、順当に面白かった。こういうことって案外少ないので、幸せな読後感。内容はダークだけど。

微妙なバランスで成立している物語で「お見合い写真の奇跡の一枚」のような印象。面白かったのに、作者の他の作品を読みたいと思わない、不思議な感覚。

実は江戸川乱歩は読んだことがなくて(もしかしたら小学校の図書室で読んだかも知れないけど全く記憶になくて)、もう少し定番作家を読んでおくべきかなあと思う。でもこのところしんどいので、しばらくは「読みたい本」を読もうかとも思う。