読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

203 号室

203号室 (光文社文庫)

203号室 (光文社文庫)

根底に敷かれている都会の無関心「見ない。見えない。見る気がない」が心に響いた。読んでいてとても面白かった。たぶんホラーとしては「今ひとつ」なのではないかという気がするのだが、ホラーでなく「物語」を読みたい私としては、とても満足。

推理小説もそうだけど、そのジャンル内での完成度を高めると、「物語」の質が低下するような気がする。最近濫読していて思うのだけど、そのジャンル内での評価が高いと、大抵「物語」としてはつまらない。ジャンル内でのローカルな評価と、ジャンルを超えたグローバルな評価とを両立させるのは、確かに難しいような気もする。ただの気のせいかもしれないけど。