読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

証言の心理学

図書館の本 好きな作家

証言の心理学―記憶を信じる、記憶を疑う (中公新書)

証言の心理学―記憶を信じる、記憶を疑う (中公新書)

「ネットワークする記憶」に感動。そうか記憶は複数個体で機能するよう設計されているのか。SF 感覚。

あとがきによると作者は「証言の聴取方法」や「裁判員制度」についても書きたかった様子。次の著書を読んでみたい。