都合のいい「うつ」

都合のいい「うつ」(祥伝社新書212)

都合のいい「うつ」(祥伝社新書212)

うつでも頑張らなきゃいけない、というのは新鮮だった。