読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫弁と透明人間

いろいろなエピソードが前作の内容と重なって、少しずつ腑に落ちていく感じが心地よかった。こういう「小さなエピソードの積み重ねが、いつの間にか大きな物語になっていく様式」が大好きです。 

 

 

 

猫弁と透明人間 (講談社文庫)

猫弁と透明人間 (講談社文庫)