読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

系統樹思考の世界

図書館の本
系統樹というのが、何らかの形で歴史を扱うものであって、だから原理的に推論を含まざるをえないものだ、ということが丁寧に書かれていた。良い本。