読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

祖国とは国語

最後の満州の文章が、嫌で嫌で仕方なかった。この人は、自分の故郷を美しいと言うためなら、自分以外の人々が住む土地を平気で醜いと書いてしまうのだ。

以下のくだりは、いいこと書いてると思ったが、全体的には弱者に配慮のない嫌な本だった。

その人の教養とか、それに裏打ちされた情緒の濃淡や型により、大局観や出発点が決まり、そこから結論まで論理で一気に進むということになる。どんな事柄に関しても論理的に正しい議論はゴロゴロある。その中からどれを選ぶか、すなわちどの出発点を選ぶかが決定的で、この選択が教養や情緒でなされるのである。(p.84)

祖国とは国語 (新潮文庫)

祖国とは国語 (新潮文庫)