読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツナグ

自分の本

久々に小説を読んだ。しばらく小説を読めなくなっていたので(うまく言えないけど気力がなくなってたのだと思う)、読み終えたときは本当に「読めて良かった、まだ小説を読むことができるんだ」という安堵でいっぱいだった。そのせいだと思うのだけど、物語そのものへの感想はほとんど残ってなくて、なんだか申し訳ない気分です。

あと、「使者」と書いて「ツナグ」と読むのですが結局最後まで「ししゃ」って読んでしまって、それもちょっと申し訳ない気分です。

ツナグ (新潮文庫)

ツナグ (新潮文庫)