読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大きな森の小さな密室

大きな森の小さな密室 (創元推理文庫)

大きな森の小さな密室 (創元推理文庫)

最初の表題作を読んだときは「専門家でないと分からないパロディ(つまりおいらには分からないパロディ)をつかんじゃったかな」と不安になったけど、読み進むにつれて作者の「ノリ」がつかめて、最後のパン屑は最高に面白かった。この作者、好きかも。