読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くアリに幸せを

働くアリに幸せを 存続と滅びの組織論

働くアリに幸せを 存続と滅びの組織論

個人神の時代(p.109)は、法律論か宗教論かで似た話を読んだ気がする。神様の出現は社会の進化の中での必然なのかもしれない。

手がハサミになっているバルタン星人がどうして宇宙船を作れたのかは、子供の頃からの謎でした。(p.192)

この視点はなかった。