読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陽だまりの偽り

陽だまりの偽り (双葉文庫 な 30-1)

陽だまりの偽り (双葉文庫 な 30-1)

少し推理で、少しいい話。こういうの好きです。

短編で日常生活の推理小説を成立させるためには仕方ないのだと思うけど、登場人物の「頑固な人」率が高い、ということに気付いてしまった。一度気になると素直に読めなくなって、ちよっと困った。

古本屋で選ぶのが面倒で、つい同じ作者の本を、しかもテイストの同じ短編集を、「無難だろう」と選んでしまったのが敗因か。神林長平が何冊読んでも面白いので油断してた。気を付けよう。