読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンブロークンアロー 戦闘妖精・雪風

自分の本

アンブロークンアロー 戦闘妖精・雪風 (ハヤカワ文庫JA)

アンブロークンアロー 戦闘妖精・雪風 (ハヤカワ文庫JA)

まさか夢オチかと不安になるような展開。雪風が好きじゃなかったら絶対読めないなあ、と思いつつ、結局、食らいつくように読んでしまう。あらためて雪風好きなのだと自覚。

機械が認識している「高性能な兵器としての人間」が、ギリギリ人間の誇りを潰さない程度のバランスで書かれていて、神林長平のバランス感覚に驚かされる。神林長平ファンにしか通用しないバランスなので誰かにオススメできないのが残念だけど、おいらは楽しかったので、満足。