読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

敵は海賊・短篇版

敵は海賊・短篇版 (ハヤカワ文庫JA)

敵は海賊・短篇版 (ハヤカワ文庫JA)

敵は海賊」の最初の一本を読みたくて短編集「狐と踊れ」を探したら「再版」とついてて戸惑う。雪風だけじゃないのか。神林長平って今さら見直されてるのか。初期の短編集まで再版されるほどの立派な作家とは全く気付かないまま二十年過ごしてました。日本SF作家クラブの会長になるほど立派な作家だったとは。

まあでも立派だから小説が面白くなるわけでもないので、そのあたりは一度忘れて、敵は海賊を読む。相変わらず楽しいなあと気楽に読み流して満足。