読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちばん初めにあった海

図書館の本 55

いちばん初めにあった海 (角川文庫)

いちばん初めにあった海 (角川文庫)

表題作「いちばん初めにあった海」を読み終えて、やはり加納朋子は疲れてても気楽に読めるなあ、安心して読めるなあ、とか思ってた。正直油断してた。二本目の「化石の樹」の展開に感動。満足です。

本末転倒だけど、油断してて良かったな、と思った。こういう読書スタイル(あえて油断しながら読むスタイル)も「あり」だなあ、と。