読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蟹工船・党生活者

蟹工船・党生活者 (新潮文庫)

蟹工船・党生活者 (新潮文庫)

プロレタリア文学の定番。まずまず面白かったのだけど、これが文学とは思えず。例えば「学習まんが」が漫画の体裁をとっていても決して漫画ではないように。

「セメント樽の中の手紙」は確かに文学と思ったけど……。ここまで書いて「文学には心の動きが必須」と思い込んでいる自分に気づく。実際のところ文学の定義ってどうなってるんだろう(ちょっと Wikipedia で調べたら、どうも「心の動き」は必須ではなさそうだ)。

ちょうど今仕事で搾取されてる気分だったので、特に「蟹工船」は感情移入しつつ、牛丼食べる時間も惜しんで読んでたのだけど、ふと「ワイシャツネクタイで蟹工船もないもんだよな」と冷静になってしまった。