読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

床下仙人

床下仙人 (祥伝社文庫)

床下仙人 (祥伝社文庫)

表題作「床下仙人」は、個人的に、何とも言えぬ嫌な読後感だった。無茶な世界観を押し通す文章力は素晴らしいが、底辺に流れる物語が好きになれない。たとえば世界観や科学的背景が完璧で専門家絶賛のSFが、読むとマニアックすぎてちっとも面白くないような、そんな感覚。