読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハリガネムシ

図書館の本

ハリガネムシ (文春文庫)

ハリガネムシ (文春文庫)

読むんじゃなかった、と心底思った。という感想すら褒め言葉になりかねないほど、徹頭徹尾、嫌な小説だった。こんなに嫌なのに結局最後まで読んじゃったので、やはり何か優れた文章で優れた物語なのだと思うが、それでもやっぱり嫌。

こんな「悪い」小説に名誉ある芥川賞を与えてしまって良いのか、と割と真面目に社会的に疑問を感じたが、よく考えたら芥川龍之介の代表作「羅生門」や「地獄変」も相当「悪い」小説だったなあと思い出す。文学ってそういうもんか。