読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

図書館革命

好きな作家 娘の本

驚くほど、というより、本当に驚いた、期待通りの展開。柴崎手塚を雑に片付けすぎだろうと本気で腹を立てていたが(小説の展開に腹を立てるなんて生まれて初めての経験だ)、最後のショートストーリー「プリティ・ドリンカー」で少しだけ納得。

有川浩さんの、次は図書館戦争以外の作品を読みたい。