読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羊飼いの指輪 ファンタジーの練習帳

羊飼いの指輪――ファンタジーの練習帳 (光文社古典新訳文庫)

羊飼いの指輪――ファンタジーの練習帳 (光文社古典新訳文庫)

短くてユーモアのある寓話にそれぞれ三通りの結末が用意されている不思議な本。正直どの結末もピンとこないのだけど「ではどういう結末なら納得なのか」と考えさせられる。作家というのは大変な仕事なのだなあと実感。最後の解説を読むと、この作家、理論派らしい。この本はいまひとつと感じたのに、他の本を読んでみたくなってきて、不思議。やはり理論に弱いのかもしれない。