読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

図書館戦争

娘の本 好きなシリーズ

荒唐無稽な設定が心配だった。コミックス版を読みかけて挫折したことも不安材料だった。けど問題なく楽しめた。感動して泣きそうになった。以下、感動というわけではないが、なるほどと思ったところを引用。

「やっぱり女の子は『キズモノ』って概念があるから。『顔に傷でも残ったらお嫁に行けなくなるよ』って女の子の親の常套句だもん」
「キズモノだからって弾くような男と結婚するのは構わないのか、それ」
手塚はますます怪訝な様子である。

今まで気づいてませんでした。確かに。

本を焼く国ではいずれ人を焼く、言い古されたその言葉は反射のように脳裏に浮かんだ。

言い古されていたのか。そう言われるとどこかで聞いたような気もするけど、たぶん気がするだけ。次は「文庫化特別対談」からの引用。

有川 自分が読者になった時のことを思ってもそうなんですけど、人間に嘘がなかったら、設定上の嘘ってだいたい飲み込めると思うんです。

なるほど、荒唐無稽な設定でも大丈夫だったのは、そういうことか。