本の未来はどうなるか―新しい記憶技術の時代へ

ほどよく復習できた、という感じ。ついつい直近の電子書籍にとらわれがちな視点を一度リセットすることができた。