自分の本

目を擦る女

「脳食い」の虚しいハッピーエンディングと、「空からの風が止む時」の刹那な文明が、素敵だった。やっぱり小林泰三はいいなあ。目を擦る女 (ハヤカワ文庫JA)作者: 小林泰三出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2003/09メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 37回…

天体の回転について

やっぱり小林泰三はホラーじゃないほうが落ち着くなあ。たぶんおいらが怖がりなんだと思う。この短編集は、全体にちょっと切ない感じがあって(ロボット三原則の話とか)、好きだ。天体の回転について (ハヤカワ文庫 JA コ 3-3)作者: 小林泰三,KEI出版社/メ…

冷たい校舎の時は止まる

毒を撒き散らしておきながら最後はさらりと青春ハッピーエンディングにしてしまうの、ずるい(褒め言葉)。冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)作者: 辻村深月出版社/メーカー: 講談社発売日: 2007/08/11メディア: 文庫購入: 5人 クリック: 42回この商…

ななつのこ

「白いタンポポ」が良かった。あと、しょうもない日常描写(以下の引用のような)を放り込んでくる作者の勇気が素敵。 回転の方向を示す矢印と、『自転』という文字が添えられている。誰かが「自転車」と叫んだ。こういうしょうもない洒落は、嫌いではない。…

さよならドビュッシー

どんでん返しがあるのは分かっていたけど、実際にどんでん返されるまで気付かずにいられたので、最後まで楽しめて良かった。馬鹿で良かった、と思う。さよならドビュッシー (宝島社文庫)作者: 中山七里出版社/メーカー: 宝島社発売日: 2011/01/12メディア: …

凍りのくじら

面白くて一気に読んだ。でも、行間にエリート意識が見え隠れして、理由は分からないけど何故だかそんな気がして、少し疲れた。たぶん作品のせいじゃなくて、おいらが弱ってるからだと思う。凍りのくじら (講談社文庫)作者: 辻村深月出版社/メーカー: 講談社…

少年少女飛行倶楽部

冒頭の「『空を飛ぶこと』に関する条件」が何だが心地よい。何かに似てるなあと思ったら、図書館戦争の「図書館の自由に関する宣言」だ。箇条書きが好きなのかもしれない。 「……先輩は、あのお姉さんのために飛びたいんだと思う」 ほとんどひとりごとみたい…

公開処刑人 森のくまさん

よくもまあこんな怖い物語を。公開処刑人 森のくまさん (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)作者: 堀内公太郎出版社/メーカー: 宝島社発売日: 2012/08/04メディア: 文庫 クリック: 23回この商品を含むブログ (10件) を見る

見晴らしのいい密室

「未公開実験」は腹抱えて笑った。小林泰三のミステリは楽しい。もっとたくさん読みたい。見晴らしのいい密室 (ハヤカワ文庫JA)作者: 小林泰三出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2013/03/22メディア: 文庫 クリック: 2回この商品を含むブログ (10件) を見る

探偵はバーにいる

これは確かに格好いい。読んで良かった。探偵はバーにいる (ハヤカワ文庫JA)作者: 東直己出版社/メーカー: 早川書房発売日: 1995/08メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 35回この商品を含むブログ (85件) を見る

嫌われる勇気

会社の仕事がしんどくて、ふと「嫌われていいことにしたら楽になるかなあ」と思って買ってみた。まあ、少しは楽になれたかなあ。多分なれたと思う。嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え作者: 岸見一郎,古賀史健出版社/メーカー: ダイヤモンド社…

晴れた空にくじら3 浮鯨のいる空で

まっすぐで豪華なエンディングで、満足。晴れた空にくじら 3 浮鯨のいる空で (GA文庫)作者: 大西科学,refeia出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ発売日: 2009/09/15メディア: 文庫 クリック: 21回この商品を含むブログ (16件) を見る

晴れた空にくじら2 戦空の魔女

完全にライトノベルなのに、ところどころで泣きそうになってしまう。ジャッキー大西さんの語りには何だがそういうところがある。晴れた空にくじら 2 戦空の魔女 (GA文庫)作者: 大西科学,refeia出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ発売日: 2009/01/1…

胃がんと大腸がん

「四十路なのでそろそろ勉強しとかなきゃなあ」と思って、面白さよりも総合的な知見を求めて選んだ本。その意味ではとても満足。でも病気の本はやっぱり怖い。怖くて読むのに時間がかかってしまう。胃がんと大腸がん (岩波新書)作者: 榊原宣出版社/メーカー:…

晴れた空にクジラ

ジャッキー大西さんの文章の関西成分が心地よいなあ。一気に読んじゃいました。晴れた空にくじら 浮船乗りと少女 (GA文庫)作者: 大西科学,refeia出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ発売日: 2008/07/15メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 447回この…

人獣細工

「本」が面白かった。ホラーを「面白い」というのも不謹慎かもしれないけど。小林泰三ばかり読んでるので慣れてしまったかも。少し間をあけてみよう。人獣細工 (角川ホラー文庫)作者: 小林泰三出版社/メーカー: 角川書店発売日: 1999/12メディア: 文庫購入: …

玩具修理者

工業製品みたいにきちんと作られた短編小説だなあ。玩具修理者 (角川ホラー文庫)作者: 小林泰三出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店発売日: 2013/07/17メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る

脳髄工場

脳髄工場 (角川ホラー文庫)作者: 小林泰三,森山由海出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2006/03/10メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 63回この商品を含むブログ (67件) を見る小林泰三だから最後には「星新一」的なスマートなオチが待ってるはずなんだ、だか…

ミミズのいる地球

ミミズのいる地球―大陸移動の生き証人 (中公新書)作者: 中村方子出版社/メーカー: 中央公論社発売日: 1996/04メディア: 新書 クリック: 6回この商品を含むブログ (5件) を見る途中からミミズの本というより、旅行記になっちゃってたけど、それはそれで面白か…

アーモンド入りチョコレートのワルツ

アーモンド入りチョコレートのワルツ (角川文庫)作者: 森絵都出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2005/06/25メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 39回この商品を含むブログ (188件) を見る奈緒の長所を絹子先生がストレートに褒めるところで、なんだかふと心が…

海を見る人

海を見る人 (ハヤカワ文庫 JA)作者: 小林泰三出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2005/05/25メディア: 文庫購入: 5人 クリック: 42回この商品を含むブログ (78件) を見るマニアックな設定の上に、その設定にあった物語を載せてあって、設定も物語も面白い。久…

大きな森の小さな密室

大きな森の小さな密室 (創元推理文庫)作者: 小林泰三出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2011/10/21メディア: 文庫 クリック: 4回この商品を含むブログ (20件) を見る最初の表題作を読んだときは「専門家でないと分からないパロディ(つまりおいらには分か…

縮む世界でどう生き延びるか?

縮む世界でどう生き延びるか? (メディアファクトリー新書)作者: 長谷川英祐,いずもり・よう出版社/メーカー: メディアファクトリー発売日: 2013/02/28メディア: 新書 クリック: 94回この商品を含むブログ (2件) を見る結論が意外と普通だったけど、おそらく…

敵は海賊・正義の眼

敵は海賊・正義の眼 (ハヤカワ文庫JA)作者: 神林長平出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2007/06メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 18回この商品を含むブログ (94件) を見る久しぶりにSF、久しぶりの神林長平。神林長平は、SFの説明の程度が自分に丁度合…

働かないアリに意義がある

働かないアリに意義がある (メディアファクトリー新書)作者: 長谷川英祐出版社/メーカー: メディアファクトリー発売日: 2010/12/21メディア: 新書購入: 63人 クリック: 995回この商品を含むブログ (82件) を見る「働くアリに幸せを」が面白かったので、勢い…

やってはいけないストレッチ

やってはいけないストレッチ (青春新書インテリジェンス)作者: 坂詰真二出版社/メーカー: 青春出版社発売日: 2013/05/02メディア: 新書この商品を含むブログ (3件) を見る読んでみて新たな発見、というのはなかったのだけど、漠然と「そうじゃないかなあ、で…

職場のモンスター

職場のモンスター (マイコミ新書)作者: 金子雅臣出版社/メーカー: 毎日コミュニケーションズ発売日: 2009/07/24メディア: 新書 クリック: 2回この商品を含むブログ (3件) を見る軽い気持ちで古本屋で買ったら、あまりに身につまされて、読んだあと精神的に死…

病原体はどう生きているか

病原体はどう生きているか (ちくま新書)作者: 益田昭吾出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 1996/07メディア: 新書この商品を含むブログ (1件) を見る主旨はよく分かる。賛成。この手の話は進化論とも似ていて妙なアナロジーに陥りがちだけど、この本は丁寧に…

有頂天家族

有頂天家族 (幻冬舎文庫)作者: 森見登美彦出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2010/08/05メディア: 文庫購入: 14人 クリック: 516回この商品を含むブログ (118件) を見る面白かったな、というのはもちろんあるのだけど、それ以上に「好きな本」だったので、満足…

凹まない人の感情整理術

一瞬で気持ちを切りかえる!凹まない人の感情整理術 (ナガオカ文庫)作者: 植西聰出版社/メーカー: 永岡書店発売日: 2012/05/18メディア: 文庫この商品を含むブログを見るここ一か月ほど、かつてないほど凹んでいて、そういうときに本屋でふと見かけて、もうど…

さよならペンギン

さよならペンギン (ハヤカワ文庫 JA オ 9-1) (ハヤカワ文庫JA)作者: 大西科学,ミギー出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2010/05/10メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 87回この商品を含むブログ (41件) を見るこんなに長生きで、こんなにすごい相棒がいるの…

ジョン平と去っていった猫

ジョン平とぼくと2 ジョン平と去っていった猫 (GA文庫)作者: 大西科学,銀八出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ発売日: 2006/12/14メディア: 文庫 クリック: 10回この商品を含むブログ (52件) を見るジョン平の能力は相変わらず明示されないままだ…

ジョン平とぼくと

ジョン平とぼくと (GA文庫)作者: 大西科学,銀八出版社/メーカー: ソフトバンク クリエイティブ発売日: 2006/09/13メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 122回この商品を含むブログ (100件) を見るファンタジー世界を科学的論理的な視点で語ってて、その組み合…

敵は海賊・A級の敵

敵は海賊・A級の敵 (ハヤカワ文庫JA)作者: 神林長平出版社/メーカー: 早川書房発売日: 1997/07メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 9回この商品を含むブログ (17件) を見るクルトン・Vは女性(めんどり)だと誤解してて、カーリー・ドゥルガーとの対決シーン…

縦に書け! 横書きが日本人を壊す

縦に書け!――横書きが日本人を壊す(祥伝社新書310)作者: 石川九楊出版社/メーカー: 祥伝社発売日: 2013/02/02メディア: 新書購入: 1人 クリック: 14回この商品を含むブログ (1件) を見るフェアじゃない本は読むのがしんどい。たとえば、日本語の長所ばかりで…

敵は海賊・海賊課の一日

敵は海賊・海賊課の一日 (ハヤカワ文庫JA)作者: 神林長平出版社/メーカー: 早川書房発売日: 1995/05メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 11回この商品を含むブログ (12件) を見る年末年始のドラマスペシャルみたいに賑やかで盛り沢山でおなかいっぱいの物語。…

敵は海賊・不敵な休暇

敵は海賊・不敵な休暇 (ハヤカワ文庫JA)作者: 神林長平出版社/メーカー: 早川書房発売日: 1993/09メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 6回この商品を含むブログ (13件) を見る確かに一度読んでるのだけど、すっかり忘れてて、驚く。今回読んで、端々で妙に人…

ストーリー・セラー

Story Seller (新潮文庫)作者: 新潮社ストーリーセラー編集部出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2009/01/28メディア: 文庫購入: 12人 クリック: 132回この商品を含むブログ (156件) を見る蓋を開けてみたら、どの作家さんも何冊かずつ読んだことがあって、はか…

敵は海賊・海賊たちの憂鬱

敵は海賊・海賊たちの憂鬱 (ハヤカワ文庫JA)作者: 神林長平出版社/メーカー: 早川書房発売日: 1991/05メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 5回この商品を含むブログ (17件) を見る不死身の敵は登場人物としては魅力的だったけど、オチは弱いなあ(もしかして…

ガラスの麒麟

ガラスの麒麟 (講談社文庫)作者: 加納朋子出版社/メーカー: 講談社発売日: 2000/06/15メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 9回この商品を含むブログ (65件) を見る神野先生のスマートな活躍で終盤まで気持ち良く読んでたら最後に崩れちゃって驚いた。でもそこ…

陽だまりの偽り

陽だまりの偽り (双葉文庫 な 30-1)作者: 長岡弘樹出版社/メーカー: 双葉社発売日: 2008/08/07メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 8回この商品を含むブログ (17件) を見る少し推理で、少しいい話。こういうの好きです。短編で日常生活の推理小説を成立させる…

敵は海賊・海賊の敵

敵は海賊・海賊の敵 (ハヤカワ文庫JA)作者: 神林長平出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2013/01/25メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 3回この商品を含むブログ (14件) を見る実を言うと誰がキーパーソンなのか分からないまま気が付くと読み終えていて少し消…

虐殺器官

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)作者: 伊藤計劃出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2010/02/10メディア: 文庫購入: 75人 クリック: 954回この商品を含むブログ (496件) を見る人が死ぬ小説だというのは知ってて覚悟して読んだのですが、こういう小説は心が疲れてい…

敵は海賊・猫たちの饗宴

敵は海賊・猫たちの饗宴 (ハヤカワ文庫JA)作者: 神林長平出版社/メーカー: 早川書房発売日: 1988/01メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 4回この商品を含むブログ (21件) を見るいつも中途半端なところで唐突に感動して泣きそうになる。今回は終盤も終盤の以…

傍聞き

傍聞き (双葉文庫)作者: 長岡弘樹出版社/メーカー: 双葉社発売日: 2011/09/15メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 47回この商品を含むブログ (54件) を見る丁寧に書かれた短編集。才能よりも職人技が光る(褒め言葉)。解説によると「傍聞き」の羽角さんちの…

アンブロークンアロー 戦闘妖精・雪風

アンブロークンアロー 戦闘妖精・雪風 (ハヤカワ文庫JA)作者: 神林長平出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2011/03/10メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 58回この商品を含むブログ (43件) を見るまさか夢オチかと不安になるような展開。雪風が好きじゃなかっ…

グッドラック 戦闘妖精・雪風

グッドラック―戦闘妖精・雪風 (ハヤカワ文庫JA)作者: 神林長平出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2001/12メディア: 文庫購入: 16人 クリック: 98回この商品を含むブログ (141件) を見る哲学だとか愛だとか、あるいは情報戦だとかクーデターだとか、そんなの…

敵は海賊・短篇版

敵は海賊・短篇版 (ハヤカワ文庫JA)作者: 神林長平出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2009/08/30メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 29回この商品を含むブログ (52件) を見る「敵は海賊」の最初の一本を読みたくて短編集「狐と踊れ」を探したら「再版」とつ…

なめとこ山の熊

妻が「娘に言われて読んだ」という高校のプリント。娘の解釈が独特で面白いらしい。ちょうど前に読んだとき(探してみたらもう一年以上前だった)にも気になってた話なので、思い出しつつ読み直す。娘にその解釈を説明してもらう。おいらが誤解してなければ…

敵は海賊・海賊版

敵は海賊・海賊版 (ハヤカワ文庫 JA 178)作者: 神林長平出版社/メーカー: 早川書房発売日: 1983/09メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 64回この商品を含むブログ (64件) を見る神林長平以外は読みたくなくなっている自分に気付き、それに反抗するのも馬鹿ら…