読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

負けるのは美しく

その人のイメージから少し違った側面を感じられるのがエッセイの醍醐味だと思うのだけど。その意味ではとても良いエッセイだと思うのですが。児玉清って「知的で分別のある大人」というイメージがあったので、少し違った一面(つまり知的でなかったり分別が…

「新型うつ病」のデタラメ

「新型うつ病」のデタラメ (新潮新書)作者: 中嶋聡出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2012/06/15メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 10回この商品を含むブログ (7件) を見るずっと「メランコリー親和型」という語のニュアンスが分からずにいたけど、この本の…

負け犬の遠吠え

負け犬の遠吠え作者: 酒井順子出版社/メーカー: 講談社発売日: 2003/10/28メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 185回この商品を含むブログ (274件) を見る読み始めは「なんて慇懃無礼で下品な文章」と思い読むのもつらかったが、途中で「駄目人間エッセイ」…

KAGEROU

KAGEROU作者: 齋藤智裕出版社/メーカー: ポプラ社発売日: 2010/12/15メディア: 単行本購入: 12人 クリック: 1,620回この商品を含むブログ (206件) を見る物語は予想よりもだいぶ面白かった。書きたい内容もわかるし、従来とはちょっと違った視点で書…

県庁の星

県庁の星作者: 桂望実出版社/メーカー: 小学館発売日: 2005/09メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 23回この商品を含むブログ (212件) を見るなんというか、その、まるで学校か役所で作ったみたいに毒のないドラマ。と書くと、なんだか薄っぺらに思えるけど…

鹿男あをによし

鹿男あをによし作者: 万城目学出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2007/04メディア: 単行本購入: 6人 クリック: 409回この商品を含むブログ (507件) を見るこんなにおもろいとは思わんかった。ところどころで、ぼそっと、ストレート直球の文が混ざっているのが…

トワイライト

トワイライト作者: 重松清出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2002/12メディア: 単行本この商品を含むブログ (22件) を見る太陽の塔がこんなに格好いいとは知らなかった。それに気づけただけでも読んだ価値があった。最後にほんのちょっとだけ前向きになった…

下流の宴

下流の宴作者: 林真理子出版社/メーカー: 毎日新聞社発売日: 2010/03/25メディア: 単行本 クリック: 88回この商品を含むブログ (53件) を見る他人を理解しようとしない人たちが互いに「自分は悪くない」と自己正当化し続けることで人間関係が崩壊していく物…

新版 チェルノブイリ診療記

新版 チェルノブイリ診療記 福島原発事故への黙示 (新潮文庫)作者: 菅谷昭出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2011/06/26メディア: 文庫購入: 6人 クリック: 12回この商品を含むブログ (13件) を見る妻が買った本。エッセイ風で読みやすい文章。少し引用。 甲状…